sponsored link

実父が肺の病気に。タバコは本当によくないと思う。


ワーキングマザー たばこ 肺がん 病気 禁煙先に宣言しておきます。
愛煙家を敵にまわすつもりはないし。
タバコ産業をどうこうしたいわけでもないですが。

健康のためにはタバコは吸わない方がいい

と思います。

もちろん、吸わなきゃ健康でいられるわけでもないけど。
科学的に完全に証明されていないとしても。
タバコを吸わないことは必要条件だと思います。

1年ほど前、実父が長々と入院しました。

若かりし頃から…
おそらく喫煙していい年齢の初めから吸い始め…
ずっとヘビースモーカーだった父。

以前から、健康診断で、父の肺はひどい状態と言われていたそうです。

そんな父が、別の病気で検査入院し。
もう帰りたいと駄々をこねて早めに退院させてもらったその日に、呼吸困難で倒れ、救急車で運ばれ(病院に戻され)ました。
実家は離れているので、すべて母から伝え聞いたことだけど。

呼吸困難の原因は当然肺にあって。
そんな出来事があったあとに、久しぶりに父に会ったら。
少し歩くたびに、はぁはぁと呼吸を荒くしていて。
なんだかすっかり変わった姿になっていました。

「入院中は本当にお母さんに世話になりっぱなしで、頭が上がらない。」

なんて笑っていましたが。

今さら気づいたか?!
とは心の中で思いつつも(笑)

弱々しい父を見ながら、私の頭に一番最初に思い浮かんだのは。

私が大学生で、それなりに父に口ごたえできるようになったときに。

「タバコやめた方がいいよ」
と言ったら。

「俺はタバコを吸って、それで死ぬなら本望だ!」

と言い放ったときの父でした。

私は父をとーっても尊敬していますが。
このときのことを思い返すと。
「父は本当にバカだな。」
と思います。

何が「タバコで死ぬなら本望」なんだか。
こんなに弱々しくなって。
今さら取り返しもつかなくて。

タバコを吸い続けた父の肺は。
お医者様によれば、痛めつくされてぶよぶよなんだそうです。

1回膨らませたあとにしぼんだ風船のように。
ぶよぶよで。
もはやきちんとパンパンに膨らませることはできないそうです。

もう30年以上もタバコを吸ってしまい。
ようやく気付いたときには・・・元には戻せません。

筋肉ではないので鍛えることもできません。
ただただ、弱いしぼんだ肺と一緒に生きていくしかないのです。

次に頭によぎったのは
「いつか父は死ぬのだな。しかもそんなに遅くないうちに。」
ということでした。

それ以来。
時々思い返すたびに

「父は本当にバカだな。」

「いつか父は死ぬのだな。」

が交互にやってきて。

胸がぎゅっと苦しく熱くなり。
口の中がすっぱくなります。

これまで一生懸命に働いてきて。
私や姉を育ててくれて。
ようやく定年も迎えて、少しのんびりできはじめて。

母と年1回は旅行に行くようになり、楽しい老後を迎え始めたと思ったらコレです。
父が喫煙していた自分を後悔しているとは思わないけど。

たぶん、「タバコを吸って死ぬのは本望ではなかった」とは少なくとも思っているのではないか、と。

そんなことを。
夏休みに実家に戻り、父を見ながら思ったりしていました。

ベルメゾンネット

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください