sponsored link

匿名ブログ「保育園落ちた日本○○!!!」に共感。


子育て 働く お母さん 本音 ワーキングマザー 共働き仕事に、育児に、転職活動に走り回っていたら、おととい突然起き上がれなくなりまして。
めまい、吐き気、頭痛…どうやら精神的にも肉体的にも疲れていたようでダウンしました。

さて、先週から話題の「保育園落ちた日本○○!!!」は私にとってもすごく衝撃的でした。
(○○の部分は…やっぱり自分で書くのは抵抗があるので書かないことにしました)

私が特に共感したところだけ抜粋させていただきます。

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。

子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?
何が少子化だよクソ。
子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。

保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。
保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。
国が子供産ませないでどうすんだよ。
金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。

ほぼ全文抜粋に近くなってしまった…(汗)

言葉遣いはなんとも言い難いですが…
でも本当に感情が爆発してるんだと思うし、その感情はとってもよく分かる。

また、待機児童への対応方法は保育園を作るのがベストだとは思えないけど、なんにも変わらない待機児童問題に腹立たしく思うのは私も同感です。

そして少子化問題も。
こういうのが出ると、独身の方や特に子供が欲しいけどできない方から。
「あなたたちが作った子供達を私達は税金で支えている」
ってお怒りの声が届いたりするわけですが。

でも申し訳ないですが、子供を産み育てている方も同じように税金は納めています。

そして遠いようで近い将来は、独身の方、お子さんがいない方、子供を育てている方、すべての大人が、老人になって、今の子供達に支えてもらうことになります。
そういう意味では、子供達を育てている方により多くの税金が使われることは、将来への必要な投資であり、巡り巡ってすべての大人が享受するメリットになると思います。

だから、感情的には、結婚したいけどできないとか、子供が欲しいけどできない、とかはあるかもしれないけど、子供がいる事実に対してその将来への投資が行われる必要があることを理解していただきたいなと思います。

それから、国は本当に何をしたいの?と私も思います。
匿名ブログの方がおっしゃるように、数千円の児童手当で何をしろと?
大学までの教育費がミニマムで1000万なのに。
あとは自助努力で…ってことだとは思いますが何人も産んで、高等教育まで受けさせるのはけっこうお金がかかりますよね。
将来、もっと機械化が進んで、人間の仕事はより創造的で知的なものであることが分かっていて。
だとすれば大学とかの高等教育機関に行くのは当然の帰結なのに。
何人も産んで、何千万も貯金してって。
共働きでもかなりハード。

そもそもなんで年少扶養控除をなくしたんでしょうか。
なくすべきは配偶者控除の方だったのは明白ではないでしょうか。
年少扶養控除は、子供を持つ人の税負担を減らすという。
つまりさっき書いた子供を産み育てている方には、国の将来投資に役立ってるんだから税金を配分しようというすごく真っ当な方法なはずなのに。

児童手当は所得制限つけられて。
お金あれば自分で育てられますよね〜ってことでしょうけど。
共働きで一生懸命やってるだけで、全然ラクじゃないですよ。
上にも書いたとおり。
1人ミニマム1000万はかなりしんどいですよ。

そしていまだに高齢者に手厚くて。
分かりますよ、選挙対策だって。
でも、本当に申し訳ないけど、高齢者の方々は将来の国を支えることはしてくれません。
これまで支えてきてくれたことは事実だし、もちろん感謝してますが。
当然私の両親もこのカテゴリーにいますし。
でも、けっこう無駄に医療費とかかかってますよね。
病院に行けば、ちょっと具合悪いくらいで通院しているご老人がいっぱい溢れてます。
市販薬で大丈夫だよ!みたいな状態でもすぐ病院。
で、本人はわずかの医療費負担、税負担は増大。

きちんと配分見直しをしてほしいなと思います。
寝ているような国会議員はいらないし。
スキャンダルの追及ばかりしている審議もいらないし。
無駄な時間とお金をどうか、本当に必要な投資に回してほしいと切に願います。

ベルメゾンネット

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください